Twitterブログパーツ


competition
 
スカルフェスタ -スラロームトーナメント-

category
calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
archives
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ
グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ (JUGEMレビュー »)
デイヴィッド・ミーアマン・スコット,ブライアン・ハリガン
recommend
recommend
recommend
recommend
Organic Plastic Music
Organic Plastic Music (JUGEMレビュー »)
Tomoko Nagashima, Kazuma Fujimoto, orange pekoe
明るくハッピーな気持ちにしてくれる、定番かつ、とびっきり1枚です♪
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<< [music] FREE SOUL “the classic of SALSOUL” | main | [limonade] オフの時にも! >>
[music] BIG HORNS BEE “Why can't we be friends?”
以下、“FR93”より転載となります。


music : BHB
【BIG HORNS BEE “Why can't we be friends?”】


4枚目の紹介となるアルバムは、
BIG HORNS BEE の“Why can't we be friends?”です!

昨年の11月下旬にリリースされ、
その後、僕がひとりでスケートをする時の BGM として、
目下ヘビーローテーション中。
バンドメンバーのサックス、トランペット、トロンボーンはもちろん、
ハモンドオルガンの音もかっちょよく、
どの曲もノリがよくて、スケートとの相性はバッチリなんです!

このCDのジャンルはファンク。
でも古臭さはなく、選曲が素晴らしいため、
ファンクがちょっと苦手な人でも、
ファンクに馴染みがない人でも楽しめます。
『重くはないが軽い訳でもなく、
 カラッと爽快、飲み応えは十分なのに後味スッキリ!』
そんな絶妙な仕上がりになっています。

また、
名曲でタイトルにもなっている#4の“Why can't we be friends?”には、
ゴスペラーズがヴォーカルで参加し、
#7はミッション・インポッシブルのテーマ曲“Mission Impossible”で、
たまんなくcoolな#10の“Nuttvill”は須永辰緒がプロデュース!
といった具合にファンク魂を見せつけつつも、
演奏や選曲が本当に絶妙で、
“BIG HORNS BEE って一体何者??”なんて思っていたら、
何と、米米CLUBのホーンセクションをずっと担当していたバンドでした!
演奏の確かさはもちろん、どうりで音楽の 見せ方 も知っている訳です。

そんな訳で、
この“Why can't we be friends?”は文句なしで“買い!”です!
1枚持っていて損はないと思いますし、
悪いことは言いませんので、今すぐCDショップに走るか、
Amazonタワレコなどのホームページから買って、
一刻も早く、
スピーカーやイヤホンから流れてくる音にシビレまくってください!!


- 2005.03.14 +21:21 -
| music | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://framag.jugem.jp/trackback/695232
トラックバック