Twitterブログパーツ


competition
 
スカルフェスタ -スラロームトーナメント-

category
calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
archives
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ
グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ (JUGEMレビュー »)
デイヴィッド・ミーアマン・スコット,ブライアン・ハリガン
recommend
recommend
recommend
recommend
Organic Plastic Music
Organic Plastic Music (JUGEMレビュー »)
Tomoko Nagashima, Kazuma Fujimoto, orange pekoe
明るくハッピーな気持ちにしてくれる、定番かつ、とびっきり1枚です♪
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<< [diary] タイトル。 | main | [music] BIG HORNS BEE “Why can't we be friends?” >>
[music] FREE SOUL “the classic of SALSOUL”
以下、“FR93”より転載となります。


music 001
【FREE SOUL “the classic of SALSOUL”】


いちばん初めに紹介するCDは、
数あるFREE SOUL COLLECTIONの中からの1枚。
たぶん、僕がスケートをしている時に聞いているCDの中で、
いちばんよく聞いていると思うのがこのコンピレーション・アルバム。
昨年からスケートする時に、
小さいスピーカー付きCDプレーヤーで音楽をかけるようになって以来、
ずっとCDケースの中に入っているので、
いちばん聞いていて当然といえば当然かも。
それでも飽きることがなく、
今でも持ち運んでいて手放せないというもの、また事実。

アルバムに収められている曲は、
ソウルのテイストに溢れた、グルーヴィーでメロウな曲ばかり。
ソウルといっても熱すぎたり濃すぎたりすることはなく、
きれいなストリングが流れてきたり、
適度に軽い曲が挟まれていたりと、
清涼感も感じることができるような作り。
また、リズムは全体通してアップテンポ。
でも決して速すぎることもなく、
スケートをしている時にはちょうどいいくらい。
人によっては、踊り出したくなるかもしれませんが…。

曲の構成はほとんどが70年代後半の曲ですが、
みんな1度は聞いたことがあるはずの“RUNAWAY”や、
電気グルーブのシャングリラの元ネタとなった
“SPRING RAIN”なども入っていて、
昔のソウルが嫌いでなければ、
この頃の音楽をよく知らなくても、きっと楽しめると思います。
もちろんディスコ&ダンスミュージックが好きな人なら、もう買いです!

もしよければお試しを♪


- 2004.10.30 +4:56 -
| music | 16:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://framag.jugem.jp/trackback/695226
トラックバック