Twitterブログパーツ


competition
 
スカルフェスタ -スラロームトーナメント-

category
calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
archives
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ
グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ (JUGEMレビュー »)
デイヴィッド・ミーアマン・スコット,ブライアン・ハリガン
recommend
recommend
recommend
recommend
Organic Plastic Music
Organic Plastic Music (JUGEMレビュー »)
Tomoko Nagashima, Kazuma Fujimoto, orange pekoe
明るくハッピーな気持ちにしてくれる、定番かつ、とびっきり1枚です♪
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<< [dialy] 光が丘カップ2011 | main | [SC Limo] 6月の部活日 >>
[dialy] 光が丘カップ2011に出場して
大会前に書いた通り、
何とも微妙な滑りというか動きで構成したルーティンを、
あの場で滑らせてもらいました。

スラロームか?と言われれば、
スラロームと言い切るのは難しいと思います。
それを承知の上で滑ったので、
審査員には悪いと思ってはいました。
ただ、
いわゆる普通のスラロームの動きの中に、
あの動きを一瞬だけ効果的に使うには、
もろもろの技量が足りなかったので、
開き直って、
あの動きの基本4種と考える動作で、
ルーティンのほとんどを構成してみました。
脚を動かした幅だけしかウィールを滑らさない、
そんな動き4つとロックとスピンで構成。
これだけではまだまだかっこいいスラロームではないけど、
何かちょっとしたきっかけで発展していきそうだと思うんですよねぇ。

Aクラスの人たちには、
もっともっと自分オリジナルのスタイルを見せつけて欲しいんです。
そして、その技量があると思うんです。
スラロームをかっこよく見せるの構成要素は、
高速、スピン、エア、それだけ??
もっともっと違う視点からルーティンを構成してみても面白いのでは?
自分が知っている技以外にも、
自分が目指すスタイルに彩りを添える動きがあるのでは?

そんな訳で、
アグブーツで僕なりにもう少し、
あの動きを発展させていってみようと思っています!


【あの動きのルーティンを公式サイトより】
 http://hikaricup.com/2011/mov/HC11TSA101.mp4
 
| diary | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://framag.jugem.jp/trackback/1208506
トラックバック