Twitterブログパーツ


competition
 
スカルフェスタ -スラロームトーナメント-

category
calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
archives
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ
グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ (JUGEMレビュー »)
デイヴィッド・ミーアマン・スコット,ブライアン・ハリガン
recommend
recommend
recommend
recommend
Organic Plastic Music
Organic Plastic Music (JUGEMレビュー »)
Tomoko Nagashima, Kazuma Fujimoto, orange pekoe
明るくハッピーな気持ちにしてくれる、定番かつ、とびっきり1枚です♪
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<< [dialy] 出場を決めたいい訳的な。 | main | [dialy] 光が丘カップ2011に出場して >>
[dialy] 光が丘カップ2011
もう1週間以上経ってしまいました、
光が丘カップ2011が終わってから。
始まるまではいろいろ考えたり、準備したり。
でも始まってしまえば、あっという間の1日。
そして終わると同時に、
各々、新たな目標に向かって動き出す。
僕もそんなひとりです。
でも、まあ、
とりあえず僕のことはさておき、
5/16の1日のことを。

まずは、リモの育成ライダーのナミちゃん。
昨年から一緒に練習を始めて、
基礎をみっちり滑り込んだ成果を見せてほしかったのですが、
緊張と大会の雰囲気に飲まれてしまいました。
しょうがないです、こればっかりは。
ただ、
とても残念なのは結果云々ではなく、
本戦用のルーティンが見せられなかったこと。
ちょっと面白いルーティンだっただけに、んー、残念。
さあ、
次は秋の光フェスでリベンジだね!!

そしてリモライダーの真打ち、まーくん。
Aクラスの予選は、
きれいなまとまりのある滑りで余裕の2位通過。
ところが本戦の1走目で、
初めて光が丘の魔物にやられたのか、
残念な敗退。
決勝に行くだけの力はあるし、
またその舞台で、
どんな滑りをしてくれるか楽しみにしていたし、
正直、残念な気持ちが強かったです。
来年は、
度肝を抜く技をパイロン間に入れてあれば、
きっと予選は文句なしの1位通過で、
本戦も楽しませてくれるはず、と期待します!
そしてそして、
FSSでは、有名どころを抑え、
しっかり点差をつけての堂々の優勝!!
スケートの乗りっぷり、
なめらかな滑りの中から出る技、技、技、
そして抜群の安定感。
どれをとっても、
抜きん出ていました。
本当におめでとう!!
足りないのは
トウレイ君がいつも見せてくれるストーリー性と、
ほんの数%の意外性くらいかな。
欲張りな注文なのは、よーくわかっていますが(笑
今はそんなことより、
おめでとう!おめでとう!!おめでとう!!!
(表彰式の写真を撮り忘れました…涙)

さて、リモ部の常連の面々。
見事、Bクラスの本戦進出したひゅうがなつさんをはじめ、
皆さん、今回出場した目的は果たしたのではないかな、
と思っています。
もちろん、いろいろ思うところはあるとは思いますが、
それは次のステップに上がっていくためのモチベーションとしましょう!
まずは大会用のルーティンからの解放を思う存分味わって、
その後、次の大会用のルーティンが組み上がるまでは、
しっかり基礎の滑り込みをしたり、
パイロンから離れていろいろ遊んでみたりして、
土台を強固にしつつ広げていきましょう!!

最後に全体の感想を。
そろそろパイロンの使い方を再考する時期にきた感じがしました。
エア(ジャンプ)や戻りも含め、
いつ、どうやってパイロンに絡むのか。
そしてスラロームとして、何を表現するのか。
僕も頭を柔らかくして、
ぐねぐねと考えていきたいと思っています。
それから、
今回、見ていて一番印象に残ったのはチバケンさんの滑り。
1.5でスタンスの大きな滑りのスタイルは唯一無比。
見ていて気持ちいいし、魅せる滑りだと思う。
ただただパイロンキックがもったいない!
それからそれから、
Aクラス優勝のヴぇさんの滑り。
ここ数ヶ月見ないうちにかなりなめらかな足さばきなってた!
もしかして、いつもは暗いから見えていなかっただけ??
何にせよ、この1年で確実に滑りが変わって、
そこに今回の結果がついてきたんだと思い、
また、そこに勝つための何かが存在しているんだと思いました。
まあ、何はさておき、本当におめでとうございます!!

そうそう、
今回リモのライダーの2人に、
ライダーTならぬライダーポロを作りました。
正式ライダーのまーくんはゴールドのプリントを、
ナミちゃんにはピンク系のプリントで、
それぞれ完全オリジナルで世界に1着づつです☆
さらに、
月一で上尾で開催しているリモ部(旧fr塾)の常連さんたちで、
この光が丘カップに合わせて、
リモ部のポロシャツ(背番号入り!)を作りました。
大人なすっきりとしたカラーリングにしたけど、
集まると意外と目立ってたかも(笑

2011.05.15:limonade skate のライダーと Skate Club Limonade の集合写真・正面@光が丘カップ2011
【 limonade skate のライダーと Skate Club Limonade の常連メンバーの集合写真 】

2011.05.15:limonade skate のライダーとSkate Club Limonade の集合写真・背番号@光が丘カップ2011
【 そして、みんなの背番号! 】


審査員席で他の審査員と話しながら見ているのも、
それはそれで楽しいし勉強になるけど、
スタート待ちの時の選手同士の微妙な一体感や、
スタートラインに立った時の緊張感&高揚感は、
やっぱり独特な気分にさせてくれます。
もちろん勝てばアドレナリンがさらに出るけど、
『そこにいる』というだけで、
なんか、気持ちが上がるんです。
来年もそこに立てるよう、
言い訳なんかせずに堂々と立てるよう、
ちょっとがんばろうかな♪
 
| diary | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://framag.jugem.jp/trackback/1208505
トラックバック