Twitterブログパーツ


competition
 
スカルフェスタ -スラロームトーナメント-

category
calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
archives
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ
グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ (JUGEMレビュー »)
デイヴィッド・ミーアマン・スコット,ブライアン・ハリガン
recommend
recommend
recommend
recommend
Organic Plastic Music
Organic Plastic Music (JUGEMレビュー »)
Tomoko Nagashima, Kazuma Fujimoto, orange pekoe
明るくハッピーな気持ちにしてくれる、定番かつ、とびっきり1枚です♪
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<< [gear] M1 "Trinity Wheel" | main | [dialy] 光が丘カップ2011 >>
[dialy] 出場を決めたいい訳的な。
もう2ヶ月以上前のことですが、
今週末の5/15(日)に開催される『光が丘カップ2011』に、
出場することを決めました。
大会に出るのは4年振り?5年振り?って感じですが(笑

そんなお久しぶりな感じで今回の光が丘カップ出場を決めた理由は……

 昨年から光杯出場者に教えてる。
   ↓
 公平性を保つために審査員から外れる。
   ↓
 このままだと、大会当日は手持ち無沙汰になるかも……
   ↓
 それならあの緊張感の中を滑ってリモライダーやリモ部仲間と連帯感を味わいたい!
 (打ち上げで騒ぎたい!!)
   ↓
 Aクラスはスタイルの展覧会の意味もあるよね〜
   ↓
 フラットでの遊んでた滑りをパイロン間に押し込んでみよう!
   ↓
 そして、ポチる。

ざっと、こんな感じです。

そんな訳で、
3月に滑りのスタイルを矯正するところからのスタートなので、
光杯用のルーティンは練りこまれていません。
しかも、ゴリゴリの Old school なスタイル。
古すぎて新しく見えるかもってくらい(笑
それよりもスラロームではないかも(苦笑
でも、まあ、現在、
この滑りをする人はきっといないと思うので、
観客に対して、適度なアクセントになればいいかな、と。
そして何人かのスラローマーに、
何かしらのヒントを拾ってもらえればいいかな、と。
点を取れる滑りだとは思えないので、
ハナから勝ちにいく気はありませんが、
楽しんでもらえればいいなぁ、と、
そんな感じです(笑

でも、
大会前に練習をしていたら、
これはこれで極めていくのも面白いかも、って思えてきました。
ヘンテコなスタイルだけど(笑
スピードを出していけたら、きっと違った見せ方ができるかも!?って。
来年に向けて継続して練習していこうかなぁ……

えー、
とにもかくにも、
15日の光が丘でご一緒する皆さん、
どうぞよろしくお願いします!!
 
| diary | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://framag.jugem.jp/trackback/1208504
トラックバック