Twitterブログパーツ


competition
 
スカルフェスタ -スラロームトーナメント-

category
calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
archives
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ
グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ (JUGEMレビュー »)
デイヴィッド・ミーアマン・スコット,ブライアン・ハリガン
recommend
recommend
recommend
recommend
Organic Plastic Music
Organic Plastic Music (JUGEMレビュー »)
Tomoko Nagashima, Kazuma Fujimoto, orange pekoe
明るくハッピーな気持ちにしてくれる、定番かつ、とびっきり1枚です♪
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<< [trick] スラローム技 03:スカートめくり系×3種 , すえぞう | main | [skate] 【fr塾】2/11開催のお知らせ >>
[dialy] 1/8〜10(fr塾・ディファ有明)
この3連休、
かなり長い間スケートを履いていたけど、
意外と滑っていなかった??


1/8(土)
・今年最初のfr塾。
・予告通り、fr塾用に作った基礎強化練習メニューからスタート。
・けっこうしっかりやったので、この基礎練だけで2時間くらいやったかも。
・『ナナコ』のルーティンはきちんとやろうとすると、意外と難易度高いです。
・なので、うまくできない場合は振り返って、構成されている基礎技の再確認&練習を。
・基礎練後、いよいよ前回&前々回をふまえてのルーティン作りワークショップの開始!
・『初めは簡単なルーティンを』と言ったのに、みんなしっかり作り込んでました。
・まずは、基本を押さえたタマネギとジャガイモのカレーをきちんと作ってみる。
・次にニンジンを加えたり、牛肉を加えたり、徐々に具材を増やしていってみる。
・最初から豪勢なシーフードカレーを作ろうとすると、失敗することが多いからね。
・『やりたいこと』と『できること』の折り合いをつけるのも大切。
・初めは『できること』で構成しつつも、少しの背伸びしてみる!?くらいでいいかも。
・何はともあれ、みんな奮闘しながら楽しんで滑ってくれてたようで、嬉しかったです〜
・来月も再来月もルーティン作りワークショップは続けます!
・それから、さりげなくヘルプをしてくれたNassyさんとAraiさんにも感謝です!

1/9(日)
・やってきました『TOKYO ROLLER DISCO at DIFFER ARIAKE』当日!!
・準備があるので、早起きして出発!!
・余裕で間に合うはずが、事故渋滞に巻き込まれ……(汗
・どうにか着いた後は、リハからずっとお祭り状態♪
・会場直前にリモのブースの準備を終えました(汗
・ふらふら遊びに行く僕に代わって、いかついお兄様方がリモブースのお留守番を。
・ありがとうございました。m(_ _)m
・みんなクワッドもインラインも、みんな音楽に乗ってノリノリ♪
・MCの合間、はっちゃけてたNassyさんの額に光る汗がまぶしかったです!(笑
・DJ TAROさんが回している時にメイン会場に行けなかったのが心残り…(涙
・ダンスのステージは、まさに華!!
・リズムを取るだけでなく、スポット浴びて踊れると、何倍も楽しそうでした〜
・スラロームのデモはこれ以上ないくらい大成功でした!!
・ジャムはみんな楽しそうに滑っていて、それが観客に伝わったはず!!
・そしてバトルはきっと日本史上最高のスラのデモだったと確信しています!!
・リモのCMはちょっとバタバタで、すみませんでした。m(_ _)m
・でも、大盤振る舞いなお年玉で帳消しかな??(笑
・しかーし、この日のためにおめかししてきたナミちゃんの写真を撮るのを……(滝汗
・そんなこんなで、あっという間の8時間。
・年に1回でも、こんなイベントがあるといいねぇ〜
・急ピッチの準備をされたスタッフの皆さま、楽しい時間をありがとうございました!!
2011.01.09:TOKYO ROLLER DISCO at DIFFER ARIAKE @ディファ有明;スラロームバトルの出場者一堂
【 バトル後の出場者一堂! 】

1/10(月・成人の日)
・もうね、この日の上尾は冬将軍がバリバリ頑張ってました、頑張らなくていいのに。
・そんな訳で、体を凍らせる強風を前では、パイロン3個重ねも無力……
・こんな中、笑えることに、6人のスケーターが滑ってました!(笑
・前日に引き続き、ナミちゃんとノリさんも!
・とりあえず、意地でもパイロンを並べた基礎練を終わらせ、パイロン撤収。
・その後はパイロンなしでの練習。
・でも、風が強すぎて練習にならず、急遽、車の陰でこそっとスケート〜
・久々にブル練とか、1コーンクレイジーとか、動かない系の練習ね。
・それでもノリさんは寒風吹きすさぶ中、黙々と飛燕の練習。
・他の3人も8の字やバックスケーティングなど、黙々と練習。
・強風と寒さで声が出ないくらいだったのに!
・で、凍える前に終了。
・帰宅後、SebaにつけていたMatterのウィールがけっこうちびていたのでメンテ。
・Witchのベアリングを洗って、焼いて、オイルを注して。
・それをmMatterのJuice-FSK(76mm/F1の)と一緒に装填!!
・Juiceがどんな滑り心地か、もうすでに週末が待ち遠しいです〜♪
2011.01.10:Matterの『Juice - 76mm/F1』に換装
【 MatterのJuice-FSK(76mm/F1)を装填☆ 】


こんな感じで、
かなりスケートを楽しんだ週末だったのは確かなんだけど、
何か『滑った感』がなかったんだよなぁ。
まあ、今週末、
新しいMatterをしっかり味わうつもりです〜♪

それから、
ディファ有明でMatterのウィールの情報をいくつか入手しました!
その中で、硬度表記について少々。
Matterのウィールは 84A など『〜A』という単位で表してなく、
『F1』や『F2』となっています。
数字が小さい方が硬いのですが、
スラローム用(フリースケート用)のウィールは、
 F1:屋外用
 F2:屋内用
と考えて販売しているようです。
でも、
僕が実際にF2のCRAZY GLUEを屋外のアスファルトで使っても、
減りも遅く、何の問題もなかったです。(問題ないどころか、極上の滑り心地!!)
メーカー側もF2を屋外で使ってはダメという訳ではないようで、
『F2は、F1より柔らかく、F3より硬い』くらいに考えてもらってOK、
といった感じでした。
そんな訳だったのですが、
とりあえず、これから僕自身がF1のJuiceを使って、
またここに簡単なレポートを上げたいと思います!
 
| diary | 20:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://framag.jugem.jp/trackback/1208472
トラックバック